共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

調停と訴訟の選択

共有物分割を行う場合、調停と訴訟のどちらを利用したほうがよいでしょうか。

調停は、話し合いにより相互に譲り合って合意することで紛争を解決する手段として話し合いが重視されます。共有者間の関係性等に鑑みて第三者(調停委員)の関与のもと話し合いで解決できそうであれば、調停は穏当な方法の一つと考えられます。

他方で、調停は話し合いが基本となり調停が不成立の場合には訴訟で解決せざるを得ません(※)。訴訟の場合でも、裁判官の関与のもと話し合いも行われますので、紛争性の高い案件については訴訟の方が解決は早いと言えるかもしれません。

※調停が成立しない場合には裁判所は調停に代わる決定を出すことができますが、2週間以内に異議が出た場合には効力を失います。

電話(平日9:30から18:00)

☎03-3580-1951

メール(24時間受付)

✉ お問い合わせ