共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

権利の濫用棄却についてのポイント

共有物分割が権利の濫用として許されないかはどのような観点から判断されるのですか。

共有物分割が権利の濫用として許されないかは、共有関係の目的、性質、共有者間の身分関係及び権利義務関係を考察した上、共有物分割権の行使が実現されることによって行使者が受ける利益と行使される者が受ける不利益等の客観的な事情のほか、共有物分割をもとめる者の意図等の主観的事情をも考慮して判断するのが相当とされており、その共有物分割権の行使の実現が、著しく不合理であり、行使される者にとって甚だ酷であると認められるような場合には権利の濫用として有されない、とされております。

電話(平日9:30から18:00)

☎03-3580-1951

メール(24時間受付)

✉ お問い合わせ