共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

訴訟提起までの時間と必要資料

共有物分割協議が調わない場合に、訴訟提起を決断してからどの程度で訴状を提出することができますか。

競売を求める訴訟の場合には、1週間程度あれば必要書類(全部事項証明書、固定資産税評価証明書等(分割方法を問わず共通必要書類))を取得し訴訟を提起することが可能です。

現物分割の場合には、測量士による現物分割案が完成しているかどうか、またその分割案が合理的であることを主張することができるかどうか、現物分割による価格の下落が著しくないかなどを検討する必要がありそれらが完了しているかによります。

価格賠償の場合には、その要件を検討するとともに、価格の適切性を示す資料の取得、資力証明の準備などが完了しているかどうかによります。

電話(平日9:30から18:00)

☎03-3580-1951

メール(24時間受付)

✉ お問い合わせ