共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

共有者が行方不明の場合

共有の相手方が行方不明の場合にはどうすればいいですか。

登記簿上の住所から、住民票等公的資料を追跡していき、現在の住所が判明すれば、訴状にその住所を記載し訴訟を提起します。住所が判明しない場合には、公示送達の方法により訴状を送ることになります。

電話(平日9:30から18:00)

☎03-3580-1951

メール(24時間受付)

✉ お問い合わせ