共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

現物分割ができない場合

現物分割ができないのはどのような場合ですか。

例えば、1個の建物の現物分割や現物分割後の土地の面積が狭く、また道路付けの規制などで建物の建築ができない場合には、価値が著しく減少するために現物分割ができません。

この価値の著しい減少の意味について、明確な基準があるわけではありませんが、現物分割をした場合と土地を現状のまま一括して売却した場合の下落率が10%程度下落しただけでは、価値が著しく減少したとは言えないとした裁判例があります。

電話(平日9:30から18:00)

☎03-3580-1951

メール(24時間受付)

✉ お問い合わせ