共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

共有不動産の共有持分の売却

共有不動産の共有持分だけを売却することはできますか。

民法上、共有不動産の持ち分だけを売却することは可能です。

実際に、共有持分のみを購入する不動産業者も存在します。ただし、共有持分だけ売却する場合には、不動産全体で売却する場合と比較して、大幅に割り引かれることが多いと思われます。他方、共有関係の解消のためには、民法上、共有物分割請求手続きも準備されています。

共有物分割請求手続きによった場合、単純に持分を売却する場合に比べ、有利な結果となる場合もありますので、まずは、共有物分割請求の解決までの流れについてご確認いただき、持分を売却するか共有物分割請求手続きによるのかご判断いただくのが望ましいと考えます。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)