共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

競売になった場合は時価より安くなりますか

競売になると時価より安くなると聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうか。

不動産の場所、面積、状況によるため一概に判断できません。

ただし、東京23区内にある土地または戸建(土地+建物)で平成27年に競売で落札された不動産(約250件)について、売却基準価格(評価人の評価に基づいて定められた競売不動産の価額)と実際の売却価格(落札価格)を比較し、中央値を算出したところ、実際の売却価格は、売却基準価格の159%となっていました。しかし、売却基準価格は、算出過程において競売市場減価をしているため、一般的には低い価格となっております。

そこで、仮に競売市場減価を評価額の7掛け として売却基準価格を0.7で割り戻し、その価格と実際の売却価格と比較し中央値を算出したところ、実際の売却価格は、売却基準価格を0.7で割り戻した価格の111%となっておりました。

※競売情報は、不動産競売物件情報サイト(BIT)から算出しました。

※競売市場減価とは、競売の場合、売主の協力が得られないことが常態であること、買い受け希望者は内覧制度による他物件の内部の状態を直接確認することができないこと、引き渡しを受けるために法定の手続きを取らなければならない可能性があること、瑕疵担保責任がないこと等の特殊性に基づく減価をいいます。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)