共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

競売を申し立てる場合の費用

共有物分割の競売判決に基づいて、競売を申し立てるにはどのような費用がかかりますか。

共有物分割の競売判決に基づいて競売を申し立てる場合には、裁判所に収める費用として主に以下の費用が掛かります。

予納金

競売の対象である不動産の固定資産税評価額に応じて、2000万円未満は60万円、2000万円以上5000万円未満は100万円、5000万円以上1億円未満は150万円、1億円以上は200万円の予納金がかかります(東京地方裁判所の場合)。 これらは、評価人(通常は不動産鑑定士)による不動産評価等競売手続きに必要な経費に充当されます。 予納金は、競売申し立て後裁判所から送られている納付書に基づいて納付します。

申立手数料

一つの競売判決に基づいて競売を申し立てる場合には、4000円です。 申立手数料は、競売申立書に印紙を貼り納付します。

差押登記のための登録免許税

不動産競売の開始決定後対象不動産に差押えの登記をするための費用(登録免許税)が必要になります。 具体的には、競売の対象である不動産の固定資産税評価額の1000分の4に相当する費用がかかります。 差押登記のための登録免許税は、3万円以下の場合には収入印紙、それを超える場合には納付書で納付します。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)