共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

他の共有者が死亡している場合の対応

共有の相手方が死亡している場合にはどうすればいいですか。

相続人を相手方として交渉することになります。

ご相談の中には、共有の相手方が死亡しているものの登記簿上は故人名義のまま放置されているケースがあります。 この場合には、故人の法定相続人に誰が共有地を相続したか照会することにより相手方を特定することになります。仮に、相続人から返答がない場合には、戸籍を調査して故人の法定相続人を調べ、法定相続人全員を相手方に交渉、訴訟を提起する必要があります。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)