共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

現物分割において必要な資料

現物分割を行う場合、どのような資料が必要ですか。

現物分割を求めるには、測量図が必要です。
場合によっては、不動産鑑定士の鑑定書等が必要となる場合があります。

現物分割を行う場合、土地を分筆する必要がありますので、具体的な境界線を記した測量図が必要となります。また、現物分割後の土地の評価額同士が、各共有者が保有している持分と同様の割合になっているかも問題となります。例えば、ある土地のうちAさんが6割、Bさんが4割の持分を持っている場合には、現物分割後の土地の評価額の割合、つまりAさんが単独所有する土地の評価額とBさんが単独所有する土地の評価額が、6対4の割合になっている必要があります(面積の割合ではないことに注意。)。

この割合が正しく算定されていることを証明するために、不動産鑑定士による鑑定が必要となる場合があります。仮に、先ほどの例で、Aさんの土地の評価額とBさんの土地の評価額の割合が、5.5:4.5になったような場合には、BさんがAさんに対し、一定の精算金を交付することにより、共有者間の公平を図ります。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)