共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

共有状態のまま放置することのデメリット

共有状態のまま放置することのデメリットは何かありますか。

法律関係が複雑になります。

親子や兄弟姉妹で不動産を共有している段階では、固定資産税の精算や第三者に賃貸している場合の賃料の精算等も順調に行うことが出来るケースが多いと思います。また、共有関係を解消することも、親子間・兄弟姉妹間なので比較的スムーズに売買等を行うことができる可能性が高いです。

他方で、従兄弟同士、叔父・叔母と甥・姪同士の場合には、人間関係も希薄になり、場合によっては、長年顔を合わせたことが無い人同士で共有状態となっているケースも出てきてしまいます。また、共有者に順次相続が発生していって共有者が2桁の人数になっている場合もあります。

当事務所にご相談に来られる方々は、親子間、兄弟姉妹間の共有状態においてうまく物事が進んでいない場合も多いです。このようなケースを解決せずに放置しておくと、問題を子どもや孫の世代に先送りすることになり、より解決までに時間がかかることになりますので、早めの共有関係の解消をお奨めしています。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)