共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

他の共有者の持分を取得することはできますか

私は両親から賃貸用のマンションの一室を相続し弟と共有しています。共有持分の割合は私が4分の3で弟が4分の1です。自分の相続のことを考えると、マンションの持分を弟から取得し、将来は自分の子どもに全て相続させたいと考えています。そこで、マンションの持分を買取りたいと弟と話をしていますが、弟からは持分は売りたくないとの一点張りで持分の売却に応じてもらえません。弟からマンションの持分を取得することはあきらめなければならないのでしょうか。

共有物分割訴訟を提起することで持分を取得できる可能性もあります。

共有となっているマンションの分割について当事者間で話し合いがまとまらないときは、裁判所に対して共有物の分割を請求することができます。裁判所が行う分割の方法としては、現物分割、全面的(部分的)価格賠償、代金分割があります。今回のご相談のケースでは、マンションの一室ということですので現物分割は難しいと想定されますので、全面的価格賠償か代金分割が適する事案であると考えられます。弟さんの希望などによっては結論がかわる可能性がありますが、弟さんの持分の時価相当額の資金を準備でき、それを支払ってもよいという前提であれば、弟さんの持分を取得できる可能性はあり得るものと思われます。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)